モンゴルウール断熱材、ついに日本市場へ

投稿日: カテゴリー: ビジネス

KHAAN DULAALGA 2

モンゴル産のウールで断熱材を造るエコウール社。同社はモンゴル産のオーガニックウールを先進技術を活用し、建築資材である断熱材の生産に成功し、日本への輸出を去年末始めた。

ウールは古くからモンゴルの遊牧民の間で広く使われており、モンゴルの伝統的な住居ゲルに主要断熱材として活用されてきた。つまり、酷寒のモンゴルの冬を乗り越える主役を果たしてきたのはウールである。そう、ウールは優れた断熱材なのである。同社は伝統的に使われてきた断熱材に技術的な改良を加え、より品質の高い製品を生産し、日本市場への輸出にこぎ付けたのである。

モンゴル産ウールからできたこの断熱材は耐火性・防火性が強く、害虫予防や防音・断熱効果が高く、科学素材が一切含まれていなく、塗れてもすぐに乾くといったベネフィットをたくさん有する優れた素材である。

 

情報元: モンゴル商工会議所広報室

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + eighteen =