カシミア取引額、急増

投稿日: カテゴリー: ビジネス

nooluur torihiki

モンゴル経済の主要軸の一つは農業・牧畜業である。2015年末の国内総生産に占める農業・牧畜業の比重は13.1%となっている。

2015年末現在の家畜総数は560億頭にも達しており、その内訳は馬329万頭, 牛378万頭、ラクダ37万頭、羊 2,494万頭、ヤギ2,359万頭である。総家畜の構成比は、羊がもっとも多く44%、ヤギ42%、牛7%、馬6%、ラクダ1%を占めている。

2,359万頭ものヤギを有するモンゴルは世界カシミアの35-40%を生産している。毎年の春3-4月はカシミアやウール刈りの時期である。この時期、農産物取引所でのカシミアやウールなどの原料の取引が急増する。

農産物取引所では3月には7トンのカシミアが1キロ52,000tgで取引された。4月に入ってからはカシミアの取引高が急増しており、先週(4月4日-8日)の取引では118億トゥグルグのカシミアが取引された。未加工カシミア価格は3月のそれより若干上がり、1キロ54,527tg~55,543tgで取引されている。

 

情報元: モンゴル農産物取引所、モンゴル国家統計局

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =