モンゴル人デザイナー手がける着物生地のブランド ヤオ 

投稿日: カテゴリー: インフォメーションビジネス

日本のファッション界に君臨するモンゴル人デザイナーのヤオさん。彼女は日本でファションブランドを出してから4年目を迎える。ブランド名は自分の名前から取ったヤオだ。彼女がつくり出す洋服にはシンプルでありながらスッキリとした上品感が漂う。ヤオブランドのもう一つの特色は着物の生地を上品に、ふんだんに使っているところだ。

yavuu-brand

彼女はMercedes Benz Showを初めとする様々なファッションショーに出場したほか、年に2回展示会を開催している。ヤオブランドの目的市場はシンプルながら上品なデザインを好む独立した大人の女性である。ヤオブランドは日本の百貨店などで手に入れることができるという。

そんな彼女が、先週モンゴル初のコレクションショーを開催した。2017年春夏コレクションの第1セクションではシルク素材のカジュアル服、第2セクションでは着物生地を使った、モンゴルの伝統的な要素を取り入れた上品なデザインが披露された。それと同時に、日本着物ファッション協会による着物出展もなされ、茶道や生け花も披露された。

ヤオさんの将来の目標は母国モンゴルでファッションセンターを設け、オーダーメイドの高級品と大量生産衣料品の両方を手がけることだ。国境を越えた彼女の活躍には目を引くものがあり、彼女は世界的デザイナーになる日が近いこと間違いないだろう。

 

情報元: ヤオブランドFBページ

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト 
 

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 2 =