中国銀行に 駐在員事務所開設許可を付与

投稿日: カテゴリー: ビジネス

中国のある商業銀行に対する駐在員事務所開設許可がモンゴル銀行取締役会の1月の5日の会議で決定された

許可が下りたのは中国工商銀行である。同行は中国四大商業銀行の一つで、2013年には総資産と営業収益で世界最大の銀行となっており、中国全土および国外に17,613の支店をもつ。中国工商銀行は、国際決済データサービス会社Accuityにより金融データ「バンカーズ・アルマナック」に基づいて発表された「世界のベストバンク50」ランキングで過去3年連続で首位を獲得している。

モンゴルには、EBRDやKFB開発銀行、スタンダードチャータード銀行、ING銀行、三井住友銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行、中国国立銀行の駐在員事務所が運営しており、今回の許可でモンゴルで駐在員事務所を有する外国銀行の数が一行で増えることになる。

 

情報元: モンゴル銀行

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト 

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + six =