フェイスブック利用率80%台のモンゴル、ファイスブックと共同で虚偽情報等の対策に出る

投稿日:

モンゴル通信規制機関の発表によると、モンゴル人口の81%がソーシャルメディアを利用しており、1日の平均使用時間は2時間とされている。

フェイスブック社が行った「The Inclusive Internet Index: Measuring Success 2018」という調査では、モンゴルはaffordabilityという指数でアジアでなんと1位、世界では10位入り。

実際のモンゴルのフェイスブック利用者数は計200万人。モンゴル人はフェイスブックを自由時間に使っており、対して小中企業はその製品や事業の広告によく使用しているという。

しかし、ソーシャルメディア利用に当たって、近年 個人情報保護や虚偽アカウント、虚偽情報の問題が多発している。そのことから、先日モンゴル通信規制機関とフェイスブック社アジア地域当局が個人自由の確保やプライバシー保護、SNSを介した無法行為撲滅の件で意見交換を行った。双方はSNSによる個人情報の無断拡散、侮辱、詐欺などの無法行為・虚偽アカウント対策、児童保護の件で協力することで合意した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虚偽情報の見分けは難しいが、情報をチェックし、虚偽情報が社会になるべく悪影響が出ないようにする必要がある。そこで、フェイスブック側では登録システムの合理化が必要であり、登録が正確であれば虚偽情報の見分けに非常に役立つとしている。

情報元: モンゴル通信規制機関

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト 

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =