モンゴル進出相次ぐ国際チェーン店

投稿日: カテゴリー: ビジネス

モンゴルに進出する国際チェーン店の数は近年飛躍的に増えつつある。

 

その勢いはまず外食産業から始まった。米国ピザチェーン「ラウンドテーブルピザ」を皮切りに、 KFCや「ピザ・ハット」、「バーガーキング」など、その勢いが止まらない。2年前に初店舗を構えたKFCは今はすでにウランバートル市内で8店舗を持つ。本来の狙いは15店舗だという。 ピザハットは1年で7店舗も確保。バーガーキングは先月オープンしたばかりで、出店目標は10店舗だという。

 

次は、ホテル業界。国際チェーンホテルもウランバートル市に次々とドアを開いている。シャングリラホテルが開店してから半年立つが、次に幕を開くのがシェラトン、ホリデイ・イン、東横インなどである。観光大国を目指すモンゴルでは、観光客に便利で安心できる施設やサービスがこうしてどんどんできつつある。

 

また、国際自動車メーカーの店舗進出も目立つ。今年2月にモンゴル市場に入ったポルシェでは7万~30万ドルに匹敵する高級車がすでに30台売れたという。フランスの自動車メーカーのプジョーシトロエン(Peugeot Сitroen)の展示室の開店もまもなくだという。

 

次にどういうチェーン店がモンゴルに進出するのか、これから目が離せない。

 

Written by: Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト
 

 

 

 

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =