モンブランの超高価万年筆 チンギス・ハーン

投稿日: カテゴリー: ビジネス

UZEG

スイスの筆記具ブランドモンブランは高価なモデルシリーズの一つとして、チンギス・ハーン名称の万年筆を2014年に新作、発売した。生産個数はたったの35個。うち10個がモンゴルで販売されており、値段はなんと1億8000万トゥグルグという。日本円に換算すると1090万9千円になる。

万年筆には金やプラチナなどが使われている。万年筆の胴軸には925銀、ペン先には750金やダイヤモンド0.5カラットが使用されている。また、モンゴルの伝統的な模様が施されている。

MONbiz.


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 3 =