韓国のファン・ギョアン首相 モンゴル訪問続く

投稿日: カテゴリー: 経済

12_17 so yurunkhii said

モンゴル・韓国外交関係樹立25周年を記念に行われている韓国ファン・ギョアン首相のモンゴル訪問が続いている。

ファン・ギョアン首相は、モンゴル訪問の際に、モンゴルのサイハンビレグ首相やエンフボルド国会議長と面談し、両国間の関係強化やその他の重要案件で意見を交わした。

両国首脳はモンゴル政府庁舎で公式協議を行い、両国や地域、国際舞台における関係や協力の拡充など幅広い問題について意見を交換した。これからは、両国は相互補完的な経済の可能性に基づく形で関係を拡大する必要があることを強調した。

両首相は両国の総合的なパートナーシップや関係が政治、経済・貿易、文化分野など幅広い分野で拡充されていることに大変満足していることを表明した。具体的には、自動車道、鉄道、空港、火力発電所建設事業など輸送、インフラ、エネルギー、地下資源分野における両国の協力が活性化していることを強調した。両首相の話し合いで、第5火力発電所プロジェクトの円滑化、エネルギー分野における協力の推進に力を入れることが決まった。また、両国間の旅客数の増加に伴うフライト数の増加や新ルート開発の必要性に意見を同じくし、来年3月から釜山~ウランバートル便の就航に合意した。

ファン・ギョアン首相は、韓国会社が遂行しているウハー・ホダグ‐ガシューン・スハイト間鉄道建設事業やスマートカード導入事業などに対するモンゴル側の支援を促した。

サイハンビレグ首相は、韓国からの無償援助、経済発展協力基金などからの技術供与はモンゴルの経済、社会発展に大きな貢献をしていることを評価した。さらに、経済発展協力基金が実施している「都市間自動車輸送サービス強化」プロジェクトやIT分野における無償援助プロジェクトの実施への韓国側の支援を要請した。これを受けて、ファン・ギョアン首相はモンゴル側が根拠のある特定のプロジェクト案を提出すれば、関係機関を通して速やかに解決するとコメントした。

その他、両首脳はモンゴルのAPEC加盟問題や朝鮮半島平和問題、韓国ビザ条件の緩和やモンゴル在住韓国人の安全への注力などについて意見を交わした。

会合の最後に、韓国首相はサイハンビレグ首相を韓国へ公式招待した。

Written by: Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト
情報元: モンゴル内閣広報室


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 6 =