「農産安定化」計画 策定

投稿日:

2016_01_13 gazar tarialan

先日の閣僚会議で、農業生産の安定化、麦・ジャガイモ・主要野菜需要の国産野菜による充足、品質改善、土壌の栄養保護を目的とする「農業生産安定化」短期計画が可決された。この計画の実施には1,000億トゥグルグの融資が必要となっている。その融資元の開発銀行が農業事業を展開する個人や企業に対して2年間にわたって融資を行うことが決まった。

2016年には、全国で約1200の個人や企業が322,900ヘクタールの耕地で作物、うち301,500へクタールの耕地で小麦を栽培することが決まっており、収穫は386,300トンと計画されている。

2015年の旱魃の故、農業事業者は収穫を完全に取れていない状態で、2016年の栽培に必要な資金不足に落ちている。

融資された資金は、作付け、休閑、収穫に必要とされる燃料の確保、飼料の供給、土壌の栄養分改善、機械・設備の修理に充てられる。

Written by: Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × three =