アジアインフラ投資銀行 モンゴルの出資額決定

投稿日:

2016_01_13 アジアインフラ投資銀行 

中国が提唱し主導する形で2015年12月に発足されたアジア向けの国際開発金融機関であるアジアインフラ投資銀行であるが、今年第1四半期に業務を開始する予定となっている。

創設メンバー国にモンゴルを含む57カ国が参加を表明しており、その内訳は同地域の37カ国、イギリス、フランス、ドイツなど他地域の20カ国である。

同銀設立の目的は、参加国のインフラ分野における資金問題の解決、アジア諸国における資金の適正な分配、地域発展への貢献である。

参加国のメリットは、プロジェクトが優先的に実施されることや、大型投資が必要なインフラ事業に注力が置かれ、ソフトローンの融資が可能になることなどである。

同銀の総株式の75%を同地域の37カ国が保有することになっている。出資比率については、参加国の国内総生産を基準に算出されており、中国の比率が4割近くと突出している。対して、モンゴルの出資比率は、地域他国に比べて低く、4,114万ドルとなっている。これは議決権0.3013%ということになる。

Written by: Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × three =