「MONGOL SHUUDAN」株式会社、第2部市場での取引始まる

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

hur birj

1月初頭に、モンゴル証券取引所で「MONGOL SHUUDAN」国有株式会社の普通株式が市場第一部で取引され、同社は部分的に民営化された。

同社は1921年に設立され、モンゴルの各県村で334支店、ウランバートル市で40店を有する100%国有の郵便会社である。その34%がモンゴル証券取引所を通して民営化された。残り66%は国有のまま残ることになった。

民営化の狙いは、資金収集により、自動車道路物流サービスプロジェクトの実施、財政能力の向上、株式保有市民の配当利回りを増やす機会の整備である。

第1部市場での初取引では126億トゥグルグの注文が殺到し、取引が成功裏に終了した。

そんな「MONGOL SHUUDAN」であるが、ついにモンゴル証券取引所第2部市場での取引が今日始まった。株式価格は第1部市場の取引価格より14.6%アップの終値となっている。明日の取引では105,576枚の株式の買い注文が来ており、今日の終値より高い価格となっている。対して、売り注文は来ていなく、投資家は株式価格上昇に期待をかけているようだ。

Written by: Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − seventeen =