住宅ローンの頭金、解決策見当たらず、現行の額が維持されることに

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

去年の8月に、モンゴル国閣僚会議で、住宅ローンの頭金を物件代金の10%にするという決定が出された。現行の住宅ローンの頭金は30%であり、それをさらに引き下げ10%にし、残りの20%はモンゴル開発銀行が保障するというものである。

但し、この解決策が難航した。その代わりの打開策として、頭金の残りの20%を建築会社自らが保証するという選択肢も浮上したが、それも結局実行に移すことが難しいということで、現行の頭金をそのまま維持することにした。これは今月に入ってからの決定である。

その理由は、結局銀行などにおいてローン返済リスク懸念が浮上したためである。結局は、市民にとって頭金にお金を使ったほうが後の支払いの負担が減る、商業銀行にとってはローンリスクが減り、銀行システムの持続性が維持される意義があり、現行の頭金で行ったほうが無難ということである。

 

情報元: モンゴル政府広報部

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト

 

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + two =