住宅ローン年利引き下げ論争、解決の目処が立ったのか

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

zasag huraldaan

先週、臨時閣僚会議が開催された。会議では住宅ローン年利の引き下げなどを含む数々の問題が審議された。

さて、解決されずに長引いていた住宅ローン年利の引き下げに関する論争が決着がつく形となったのか。

現行の住宅ローンは年利8%であるが、それをさらに引き下げ5%にするという論争が関係者の間で続いて久しい。高金利を長い間維持してきたモンゴルだが、低インフレ期に入ったことなどを理由に、去年末から各種ローンの年利を引き下げる話が勃発した。

2012年に14%もあったインフレ率は2015年8月時点で6.6%へと引き下がり、2015年度の目標水準の7%に達した。さらに、2016年1月には前月の1.9%から0.5%へとさらに引き下がり、目標水準を大きく下回わる結果となった。

先週の臨時閣僚会議で年利5%の住宅ローン融資に関する規則がついに可決された。

同規則の下実施される低年利住宅ローン融資の第1フェーズでは、ウランバートル市のゲル地区再開発区域、新住宅地区域やウランバートル市郊外の3区、地方21県における住宅がその対象となるという。

第2フェーズでは、今まで年利8%の住宅ローン融資を受けた76,000戸が対象とされ、その年利の5%への変更手続きが進められるという。

 

情報元: モンゴル閣僚会議広報部

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト

 

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + fifteen =