鉄道におけるトランジット貨物輸送量 増加見込み

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

tumur zam achaa teever

先日、トランジット輸送国際会議がロシアのソチ市で実施された。同国際会議には、モンゴル、ロシア、中国、カザフスタン、ベトナム、北朝鮮の代表者等が参加し、2016年度の鉄道輸送貨物量について話し合った。

会議での話し合いの結果、2016年度のロシアから中国へ鉄道で輸送されるモンゴル通過貨物量は410万2千トンと決定された。ロシアから中国へ輸送される総トランジット輸送貨物の250万トンは原油に決定された。因みに、ロシアから中国への原油トランジット輸送は去年末始まったばかりである。この量は今後さらに増加し、350万トンになると見込まれている。中国からロシアへのトランジット輸送量は38万トンに決定された。

結果、2016年にモンゴルを通過するトランジット輸送量は今の2.1倍、トランジット輸送収入は1,500億トゥグルグになると見込まれている。

 

情報元: モンゴル国道路交通省

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − five =