住宅ローンの年利5%へ

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

oron-suutsモンゴル政府は、一部住宅を対象に、住宅ローンの年利を現行の8%から5%に引き下げる決定を出し、関連規則を発布した。

年利5%の住宅ローンの対象とされるのは、ダルハン市、エルデネット市、ウランバートル市のゲル団地再開発区域、ウランバートル市衛星区のバガノール区、バガハンガイ区、ナライフ区、ウランバートル市新開発居住地にある住宅である。また、この区域に位置する住宅につき年利8%の住宅ローンを組んだ者についても、年利5%への変更が適用される。予測では、約1万8千戸の家庭が年利8%の住宅ローンを年利5%に変更できる計算が出ている。

同規則の狙いは、ウランバートル市への一極集中の緩和、それによる同市の大気汚染改善、地方住民の住環境の改善、ひいては経済活動の活性化、職場の確保、輸出機会の増大である。

年利5%の住宅ローン第1フェーズは今月15日から一部銀行で実施されはじめた。

年利8%の住宅ローンが始まった2013年にはインフレは14%だった。経済減速が続く中、インフレは2016年2月現在2%へと激減している他、政策金利が引き下がったことなどを機に、特定の条件をつけた年利5%の住宅ローンの支給が可能となった。

上記以外の区域における住宅については年利8%の住宅ローンが継続的に維持されていく。

 

情報元: モンゴル閣僚広報室

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − eighteen =