北東アジアの研究者等、モンゴルでエネルギー会議を

投稿日: カテゴリー: ビジネス政治経済

zuun hoid azi chuulga

3月17日に、モンゴルのウランバートル市で「北東アジアエネルギー関係」第2国際会議が開催された。

同会議は2年次に開催されており、モンゴル外務省とエネルギー省スポンサーの下、戦略研究所、エネルギー経済研究所が共同で主催している。会議にはモンゴルをもちろん、ロシア、日本、韓国、中国、北朝鮮など北東アジアの研究者等が参加し、発表をした。

 

北東アジアは天然ガス、石油、石炭の豊富な資源を有する。同地域の国々はエネルギーの消費や輸出で世界トップの座に君臨する。そのため、エネルギー分野での提携が同地域の国々にとって意義や効果が大きいと見られている。

この会議開催の狙いは上記の大きな機会を実現するためである。詳しくは、同地域の各研究機関の提携、研究者間の関係強化、国境を越えたエネルギー関係の構築・強化、それに直面する課題の克服である。

同会議のメインアウトプットは、会議参加者の研究者達による2040年までの同地域におけるエネルギーシミュレーションだった。

 

情報元: モンゴルエネルギー省広報室

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − eighteen =