新鉄道、完成

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

2016 - 04 TUMUR ZAM

 モンゴル北部のセレンゲ県のフデル村にあるトゥモゥルテイ鉱山とダルハン市**のハンドガイト駅を結ぶ33.4キロの鉄道路線の敷設が先日完成し、その引渡式が今月3日に行われた。鉄道の引き渡しと共にその所有権が「モンゴル鉄道」国有会社へ移転された。

ダルハン製鉄工場への原料輸送は、今までトゥモゥルテイ鉱山から同工場のハンドガイト駅までトラックで行われていた。ダルハン製鉄工場に加えて、その敷地には新しい冶金工場建設プロジェクトが推進されている。原料調達量のさらなる増加の見込みから、同鉱山からの原料輸送手段を改善する必要性が生じた。

このようなにニーズを受けて、モンゴル政府は2014年に新鉄道建設プロジェクトの実施を決定した。その範疇、モンゴルのQMC社と経済発展省の間で利権協定が結ばれ、モンゴルの会社が鉄道建設を初めて施工することになった。鉄道は1年3ヶ月で完成したという。

同鉄道は3つのターミナルからなっており、最新技術が導入された総合施設となっている。同鉄道では今年は100万トンの鉄鉱石の輸送が見込まれており、今後はそれを800万~1千万トンにするという。

 

* 23千万トンの埋蔵量を有すると言われている同鉱山の所有権はダルハン製鉄工場がもっている。

** ダルハン市はモンゴル第2の都市で、工業都市と位置付けられている。この都市にはダルハン製鉄工場、セメント工場や毛皮加工工場などがある。

 

情報元: ダルハン製鉄工場広報部

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =