アジア欧州会合第11回首脳会合、準備進む

投稿日: カテゴリー: 政治経済

今年の7月、ナーダム祭の後にアジア欧州会合第11回首脳会合を控えているモンゴル。モンゴルはこれだけ大きな会合を主催するのは初めてだ。なんと世界各地から4,000人もの高官や重役が一度に会する場なのである。そのため、各分野でその準備が念入りに推進されている。

ASEM首脳会合の出席者が使用する車両や交通機関の事前準備も進んでいる。モンゴル政府は会合の出席者等が使うバスに韓国のヒュンダイ社製バスの使用を決定し、43台のバスの注文をすでに済ましている。ASEM首脳会合閉幕後はこれらのバスは地方間の交通に使用されるという。

また、次の交通手段としてトヨタプリウス30が使われることになっている。計52台のプリウス30の輸入が決まっているという。

 

情報元: アジア欧州会合第11回首脳会合組織作業団

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + seventeen =