石油精製工場、入札始まる

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

GAZAR TOS

モンゴルは国内消費の石油製品を100%輸入に頼っている。具体的には石油製品はロシアから高額で輸入している。

そんなモンゴルで石油精製工場建設計画が進行中であり、数年後にはモンゴルは国産燃料を使えるようになる。

詳しくは、モンゴル北部のヘンティー県のボル・ウォンドル村での石油精製工場の建設がモンゴル政府により決定され、石油精製工場と石油開発地からの石油輸送パイプライン建設事業の計画が進行中だ。同工場は2020年に完成予定で、年間生産能力は250万トン、建設に必要とされる総投資額は16億ドルとされている。

産業大臣エルデネバット氏によれば、工場建設投資家選定は入札で行われるという。入札はすでに始まっており、今のところ、モンゴル・カナダ共同コンソーシアム、モンゴル中国共同コンソーシアムCPP-MAX、モンゴル中国コンソーシアム、モンゴルイギリス共同コンソーシアムISNの4社が入札参加を申し出ているという。

同工場建設に関係する石油パイプライン建設事業はコンセンサス契約の下行うという。石油パイプラインはモンゴル東部のドルノド県からヘンティー県ボル・オンドル村まで敷設される予定で、長さは540キロである。石油パイプライン建設事業の入札はもうすぐ始まるという。

 

情報元: モンゴル産業省広報部

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − one =