モンゴル国の金融分野: 銀行セクター

投稿日: カテゴリー: 経済

モンゴル国金融分野の95%を銀行セクターが占めている。金融分野の国内総生産は、2012年に2770億MNTであったが、次の年の2013年には3535億MNTに達し、27.6%も増加している。

 

銀行セクターの総資産は国内総生産の85%を占めている。モンゴルの銀行は総資産が国際銀行と比べると小さいが、モンゴルの銀行セクターは過去20年間で一番発展したセクターである。国際市場に社債を出している商業銀行もあり、国際市場に導入されている銀行商品・サービスは全てモンゴルの銀行で導入されている。

 

2015年初期現在、モンゴルでは計13の銀行(モンゴルにおける銀行一覧を参照)、1409の支店が営業している。預金口座保有人数は250万人で、債務者数69万3900人である。

 

モンゴルにおける銀行一覧

  1. 商業開発銀行 /URL: http://www.tdbm.mn/
  2. ハーン銀行 /URL: https://www.khanbank.com
  3. ゴロムト銀行 /URL: http://www.golomtbank.com/
  4. 国家銀行 /URL: https://www.statebank.mn/w/mn/
  5. ハス銀行/URL: http://www.xacbank.mn/
  6. ウランバートル市銀行 /URL: http://www.ubcbank.mn/index.php
  7. カピタル銀行 /URL: https://capitalbank.mn/
  8. カピトロン銀行 /URL: http://www.capitronbank.mn/
  9. アリグ銀行 /URL: https://www.arigbank.mn/mn/index.html#/Home
  10. チンギス・ハーン銀行 /URL: http://www.ckbank.mn/

11.国立投資銀行 /URL: https://www.nibank.mn/

  1. クレジット銀行 /URL: http://www.creditbank.mn/
  2. 交通開発銀行 /URL: http://www.transbank.mn/

 

うち、商業開発銀行、ハーン銀行、ゴロムト銀行、国家銀行、ハス銀行、ウランバートル市銀行,

カピタル銀行はモンゴル銀行市場で有力なトップ7銀行である。モンゴルの金融分野は外国直接投資の1.4%を占めている(図‐1)。

 

図‐1 金融分野の外国直接投資に占める割合

санхүүгийн-салбар

 

 

 

モンゴルの銀行セクターは、近年外国投資家から大変注目されており、今現在、モンゴルでは外国銀行駐在員事務所が数個存在する(下記リストをご参照ください)。

 

 

 

 

 

 

  1. EBRDモンゴル駐在員事務所
  2. KFB開発銀行モンゴル駐在員事務所、2013年設立
  3. ”STANDARD CHARTED”銀行モンゴル駐在員事務所、2011年設立
  4. “ING銀行モンゴル駐在員事務所、2008年設立
  5. 三井住友銀行モンゴル駐在員事務、2013 年設立
  6. 株式会社三菱東京UFJ銀行 ウランバートル駐在員事務所、2013年設立
  7. 中国国立銀行モンゴル駐在員事務所、2012年設立

 

金融分野におけるモンゴル国法人の総株式の33%以上を外国国家法人が取得する場合は、所轄権限ある行政機関から許可を取らなければならない(モンゴル国投資法、2013年改正)。

 

 

 

参考元: モンゴル国投資局データ

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − fifteen =