一部国有企業、民営化へ

投稿日: カテゴリー: 経済

モンゴル国会2015年70号指令により、「2015年~2016年度における国家資産の民営化・構造変更基本方針」が決定され、法人の民営化・組織変更の進行業務をモンゴル政府に委託した。

 

これを受けて、モンゴル政府は「2015年~2016年度における民営化・構造変更対象の国有企業リスト」を作成した。10の国有企業、5の国家資産参加企業、計15の法人の国家所有株式を全部または一部の民営化が決定された。

 

下記国有企業の総株式の70%が政府の所有として維持されることになった。

  • 第2火力発電所、第3火力発電所、第4火力発電所
  • ダルハン市火力発電所
  • エルデネット市火力発電所

下記国有企業の総株式の50%が政府の所有として維持されることになった。

  • 株式会社「バガノール」
  • 株式会社「シベー・オボー」

農業取引所の総株式の34%が政府の所有として維持されることになった。

100%民営化する企業は下記の通りである。

  • オルギル保養所
  • フトゥルセメント工場

下記の企業の国家所有株式の私有化がそれぞれ決定された。

  • 映画芸術大学
  • 株式会社「オート・インペックス」

 

出所: www.gogo.mn


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + 4 =