オユ・トルゴイ、新しいフィジビリティスタディを モンゴル地下資源管理所に提出

投稿日: カテゴリー: 経済

モンゴル最大の銅鉱山を有する有限会社「オユ・トルゴイ」は、先日、新しいフィジビリティスタディを「オユ・トルゴイ地下鉱山開発・融資計画」と共にモンゴル地下資源管理所に提出した。

OYU TOLGOI

同フィジビリティスタディは2015年3月にモンゴル地下資源管理所に提出されたが、5月に締結された地下鉱山契約のため改正が加わることになった。

オユ・トルゴイ社は地下鉱山開発に関する準備作業に必要とされる融資を確定した。この資金は2016年初頭に試験稼動が予定されている地下鉱山に使用される。本格的な地下鉱山開発は2016年半ばから開始される予定である。

この情報の影響により、先日、株式相場が4.9%増加し、3米$に達した。

Written by: Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − six =