貯蓄利子収入に課税?

投稿日: カテゴリー: ビジネス政治経済

モンゴル国諸税法が2012年に改定されたが、これにより、商業銀行における1億mnt以上の貯金の利子収入に対して10%の税を課すという規定が盛り込まれた。

tax

同改定に関して、当時のモンゴル銀行協会が「実施は時期的にまだ早い」という見解を示し、結局その施行が延期された。その理由は、市場が小さく、貯蓄文化が根付いていないモンゴルにとっては、貯蓄利子収入に対する課税はまだ早いということである。

しかし、2016年1月から上記の租税法改定法がついに施行されることになった。

この改定法の施行に関して、市民や関係機関は賛否両論を持っている。

支持派の見解は、市場経済を導入している国々は、貯蓄利子収入に対して課税している。貯蓄額が低い者に対して低い税率、高い者に対しては高い税率の課税をしている。これは一番公正な法律であるということである。

否定派の見解は、この改定法が施行されれば、市民は商業銀行から資金を引きとり、これが商業銀行の資金減少に繋がるというものである。この見解に対して、モンゴル銀行協会は、このようなリスクは発生しないと見ている。

出所: www.news.mn 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − two =