外国投資家等、モンゴル市場についての正確な情報獲得可能に

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

先日、モンゴル銀行とブルームバーグがモンゴル国政府の有価証券の利回り曲線をブルームバーグターミナルに正式に設置した。

政府有価証券のトゥグルグ利回り曲線を設置することで、会社が社債発行の際にそれを市場の利子の目安にすることができる他、投資家や資金が必要な国内企業の資金調達にプラスに働くことになる。

また、国内外の投資家等がモンゴル国市場についての具体的な情報を獲得し、調査をすることができるほか、この情報に基づき投資がよりしやすくなる。

この利回り曲線のデータは、ブルームバーグターミナルにて、政府有価証券売買がある度に、TDB(商業開発銀行)、ゴロムト銀行、ハーン銀行、カピタル銀行、ハス銀行、国家銀行が更新入力できる仕組みなっている。

モンゴル国政府有価証券の利回り曲線はブルームバーグターミナルにて“BVIS1204” コードでアクセスし、閲覧できる。

www.gogo.mn


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 12 =