モンゴルと日本の貿易現況

投稿日: カテゴリー: 経済

mgl jp

モンゴルは現在約140カ国と貿易取引をしており、2015年9月現在、モンゴル国の貿易総額は63億ドルとなっている。貿易総額の3.5%は日本との貿易が占めている。

ただし、日本との貿易収支は赤字を抱えている。しかし、前年に比べて赤字は減少しており、これには輸入の減少や輸出の2倍増加が主に影響している。当期にはモンゴルから日本へ1430万ドルの商品が輸出されており、うち770億ドルの銅濃縮の輸出が輸出増加の主な原因となっている。

モンゴルは日本へカシミアアパレル等の繊維製品やサジー関連製品、家畜副産品、酒類などの製品を輸出している。

対して、主な輸入製品は車両であり、日本からモンゴルへ1億ドルの車両が輸入されている。これは前年比減少した数値であり、自動車輸入の減少がこれに大きく寄与しているようだ。

 

出展: モンゴル国家統計局

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 14 =