総合物流センター必要、小売事業者が訴える

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

kouriten

今日の12月7日に、モンゴル産業省、モンゴル商工会議所、モンゴル中小小売店支援連盟共同主催による「小売業者フォーラム」が政府庁舎で開催された。

モンゴル小売セクターの発展、国内産業支援型小売チェーン店開発における生産者とサプライヤー参加の強化、政府と民間企業の提携強化というテーマで実施された。

モンゴルの物流インフラの未整備、キャパシティ不足が物流コストを上げ、小売業者やひいては全ての経済分野全の競争力を下げている。政府からの支援策が必要であると小売業者等は訴えている。

支援政策の一環として、総合物流センターの設立を最優先に行うべきと見ている。生産者と流通業者の間の輸送・配送プロセスの簡素化に伴うコスト削減の必要性がある。モンゴルでは総合物流制度がないため、生産者やサプライヤーが商品の保管・輸送・配送業務を各々行っており、これが商品価格高騰の主要原因になっている。結果、インフレを助長している。 

次に、物流制度の未整備は、製品の品質や衛生管理に支障を来たしている。このような状況下では、保証された品質の商品を消費者の手に届けにくい。

事実、モンゴルは、世界銀行発表の世界各国の物流効率指数では世界160カ国のうち 135位に記載されるという最悪の結果になっている。世界大2市場の間に位置する地政学上の強みを生かして、物流政策をうまく講じてほしい。

Written by: Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + sixteen =