モンゴル代表選手等、リオに向けて出発

投稿日: カテゴリー: インフォメーション

rio tamirchid月早々ブラジルのリオデジャネイロで開幕する第31回夏季オリンピック。

モンゴルはオリンピックに向けて入念の準備を済まし、今月20日にモンゴル代表選手団を送り出す式を開催した。

選手団送出式には、モンゴル大統領、モンゴル首相、オリンピック準備委員会長、国会議員や閣僚代表、モンゴルオリンピック委員会、保健・スポーツ省、オリンピック開発発展基金、モンゴル代表選手等、オリンピックメダル獲得者等が参加した。モンゴル代表選手等には成功の言葉が送られ、オリンピック時に着る制服とモンゴル国旗が正式に引き渡された。

今回のリオ五輪やそれと同時に行われる第15回パラリンピックには、モンゴルからは計50名の選手が参加する予定

参加種目別に見ると、

柔道‐13名

フリースタイル‐10名

ボクシンング‐6名

陸上競技-5名

シューティング‐3名

水泳‐2名

パワーリフティング‐1名

アーチェリー‐1名

テコンドー-1名

パラリンピック‐8名である。

その他、レフェリーは3名参加する予定である。

モンゴル選手団が着る制服はパステル黄色が基本色となっており、金メダルをシンボルとして造られている。制服はモンゴルの有名オーダーメイドサロン「シルメル・ザグバル」が造っている。

リオ五輪では、モンゴルは10個の金メダル獲得を目標として掲げている。モンゴルの選手団は、大きな期待と成功を胸に、今日ブラジルに向けて出発した。

 

情報元: モンゴルオリンピック委員会

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト 
 

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + 1 =