モンゴルで開催された「世界相撲選手権大会 2016」、23カ国の力士が集結

投稿日: カテゴリー: インフォメーション日蒙関係

sumo 2本の国技である相撲は今やもう国際的なスポーツに。

世界相撲選手権大会が毎年行われるなどし、大きな体をした力士達が土俵上で迫力ある取組みを繰り広げると、観客が熱狂するほどの人気スポーツになっている。

7月30-31日、世界相撲選手権大会2016/第21回大会/がモンゴルの首都ウランバートル市で行われた。同大会はモンゴル相撲連盟と国際相撲連盟が共同で主催した。大会には世界23カ国の約400人の力士が集結。

今回の大会の注目ポイントは日本の大相撲の歴史を塗り替えたモンゴル出身の現役力士である横綱白鵬、横綱白馬富士、横綱鶴竜等の出席である。 

大会の結果は、ロシアが金、モンゴルが銀、日本&ウクライナが銅メダルを獲得するという結果となった。

 

情報元: モンツァメ通信

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト 
 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 10 =