モンゴル風力発電事情

投稿日: カテゴリー: ビジネス

 

世界的に再生可能エネルギーへの注目が高まる中、モンゴルでも太陽光エネルギーや風力エネルギー、水力エネルギーへの動きが出てきている。

2013年6月に、ウランバートル市から75キロメートル離れたところに、モンゴル初の風力発電所サルヒトパークができた。このウィンドパークで設置されている設備はゼネラル・エレクトリック社製の容量1.6 Mbtの風力タービンであり、総設置基数は31基である。総設備容量50Mbtのこの風力発電所で生産される電力はモンゴル中央電力系統の電力供給網に供給されている。

このパークの設立による経済効果が大きい。1年間の二酸化炭素排出量削減量は18万トン、水使用削減量160万トンである。

モンゴルエネルギー省によると、太陽光発電事業案件企画3つ、風力発電事業案件企画が5つ来ているという。

 

Written by: Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト
 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 1 =