先日幕を閉じたヴェネツィア・ビエンナーレ、初出場のモンゴルの成績は?

投稿日: カテゴリー: インフォメーション

BIENNALE

イタリアのヴェネツィア市で半年にわたって開催された第56回ヴェネツィア・ビエンナーレは先日幕を閉じた。「美術のオリンピック」とも称されるこの現代美術の国際美術展覧会にはモンゴルは今年初めて出場した。

この国際美術展覧会では各国は出展単位として出場する。参加各国はヴェネツィア市内の公園やその周囲をメイン会場とし、そこにパビリオンを構えて国家代表アーティストの展示を行っている。

モンゴルからは画家エンフボルド、ドイツ在住のモンゴル人画家ウネン・エンフ、アーティストウランチメグ等が出場。
画家エンフボルドが手がけた「遊牧パビリオン」は、来場者の皆様から高評価だっだという。

Written by: Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × two =