付加価値税の還付制度、来年導入

投稿日: カテゴリー: 経済

モンゴル付加価値税法改正法が来年1月1日から施行される。

改正法は、国民に店頭での領収証の受領を促すための策となる。レジで打ち出されたレシートを保管するか、あるいはレシートの番号を租税統合制度に登録した個人は、付加価値税の奨励を受けるという制度である。制度そのものの開始は2016年1月1日からで、奨励の受領は次の年の2017年からである。

現行の付加価値税は一律10%。新しい法律が施行されれば、個人が支払った総付加価値税額の2%が本人に還付されることになる。

この制度を導入するには、下記の実施が必要となる。

– 小売業者、飲食店の租税統一制度への加入
– 付加価値税の奨励を受けられる統一レシートの発行

全国の小売業者や飲食店が統一スタンダード、統一当選番号のレシートの導入することにより、買い物客は初めて付加価値税の奨励を受けることができ、当選に参加できるようになる。小売業者や飲食店は今使っているレジで租税統一制度に登録を行い、レシートを発行できる。今のところ、”Minii Delguur”スーパーや“Sky”デパートがこの制度への登録を済ましている。

出展: モンゴル国税庁HP

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 6 =