ウランバートル市とフランスを結ぶ貨物線や旅客線が開通

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

GALT TEREG 2

今日、ウランバートル市とフランスを結ぶ貨物線や旅客線が開通したと、「ウランバートル鉄道」合資会社が報道した。

フランス、中国、モンゴル3カ国の間で締結された鉄道協定の範疇、北京発ヨーロッパ行き列車がウランバートルを経由することになった。

11月19日の今日、試験的に開通した最初の列車で、2人の旅客がフランスへ出発したという。列車の旅は9日間にも及ぶ。

旅客運賃はまだ決まっていないが、貨物輸送料金は現行の料金が適用されるが、貨物種別によっては料金が10-20%上がることになっている。建築資材、鉄金属と非鉄金属、石油は20%、家庭用品、包装類、木・木材は10%上がる予定である。そのため、混合貨物の輸送料金が今月で廃止されることになる。

出展: bloombergtv.mn


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + sixteen =