エルデネット火力発電所、タービン発電機の大容量化、利益増大見込む

投稿日: カテゴリー: ビジネス経済

ERDENET TSA STANTS

エルデネット火力発電所の稼働増加、一部設備の取替えがエネルギー省により決定された。具体的には、CC-50MBt級のタービン発電機を導入し、タービン発電機の大容量化を図るのである。この案件は5380万ドルの資金で推進されることが決まっており、1年で完成する予定。

同案件の実施により、エルデネット火力発電所のエネルギー生産は2.5-3倍になると予測されている。それ故、ロシア輸入電力量の削減、エネルギー分野の赤字回復へのプラス影響が期待されている。

具体的には、タービン発電機の大容量化などにより、電力原価が41.3MNTから67.5MNTへと下がり、結果発電所は年間75億MNTの利益を得る計算が出ている。 

初期投資回収期間は7.5年で、人口10万人のエルデネット市の電力需要を30年間賄えるという。

Written by: Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =