モンゴル大手企業のMCS、モンゴル初のインターネット専門銀行設立を目指す

投稿日:

先日、韓国初のインターネット専門銀行であるK-Bankは、KTグループ/韓国最大の通信事業者で、Kバンク株式の18.01%を保有する最大株主/と共同でインターネット銀行技術・サービスをモンゴル市場に導入することを発表した。

上記2社はモンゴル市場でインターネット銀行技術・サービスをモンゴル大手企業のMCSグループと共同で実施することを決定し、契約を締結した。同契約の範疇は、2社はインターネット銀行Mバンク/仮称/運営のためのビジネスモデルの開発や信用リスク管理制度、情報技術制度の構築にとりかかる。KTグループはMバンクにおける信用採点制度 (CSS-Credit Scoring System)の構築支援に主に努めるという。

提携期間は5年で、契約金額は55億ウォン/492万米ドル/、うち23億ウォンはコンサルタント料となっている。

MCSグループは1993年に設立されたモンゴル大手の寡占企業であり、通信事業やエンジニアリング、インフラ、不動産、鉱山事業、消費財流通などの分野で事業を展開している。MCSグループは、今回の動きでファイナンシャル・テクノロジーという新たな分野に乗り出すことになった。

 

情報元: Koreatimes

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト 

 

 

 

 

 

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − one =