ウランバートル市、ポーランド大使館オープン予定

投稿日:

スイスのジュネーヴ市で開催されている国連人権理事会第31回会議にはモンゴルからプレブスレン外相が参加している。

今月初め、プレブスレン外相はポーランド外相と国連ジュネー事務局で会談した。会談では、両国の関係・協力、国際や地域問題について会談し、意見を交わした。ポーランド外相は、同国の政府がモンゴルの首都ウランバートル市で大使館をオープンすることなったことを正式に伝えた。その他、今年ウランバートル市で開催される第11回アジア欧州会合(ASEM11)にはポーランドの首相率いる代表団が参加することになったことを伝えた。

モンゴルとポーランドは1950年に初めて外交関係を築き、1960年にポーランドはモンゴルで大使館を設置したが、2009年に閉鎖している。今は在北京ポーランド大使館がモンゴルを兼轄している。

一度閉所した大使館が再び開所しており、今後は両国の関係がさらに強化されることになるだろう。

 

情報元: モンゴル外務省広報室

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 14 =