モンゴル国、シェンゲン圏ビザ情報システム運用開始

投稿日:

VISA

2015年10月12日に、欧州連合理事会の指令により、シェンゲン圏各領事館がモンゴル国でビザ情報制度の運用を開始した。

モンゴル以外に、中国、日本、韓国といった東アジア諸国のビザ審査諸局がこのビザ情報制度データベースに接続された。

同制度は、欧州連合理事会の指令により、2011年10月11日に初めて導入されており、ビザ申請者の保安強化、国境審査の緩和を目的としている。2015年末には、全世界がこのシェンゲン圏ビザ情報制度の運用を開始するという。この制度の導入により、シェンゲン圏内でのビザ関連情報の交換や査証手続きの簡素化が実現できていると、在モンゴルドイツ大使館より発表している。

出所: bloombergtv.mn

モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください