可採年数170年の埋蔵量を有するエコセメント工場が設立  

投稿日: カテゴリー: 経済

 

8月14日に「モンセメント」エコセメント工場のオープン式が開催された。つまり、少ない水を利用し、利用済み水の90%を再利用する技術を導入した工場だ。また、工場から出る粉塵を最小限に抑える試みに挑戦するという。工場が位置するウルグン郡の石灰石は、マグマ酸や有毒物質の濃度が低く、セメント含有度が適切で、カルシウム酸濃度が高い。まさに、今の時代に合った、環境にやさしい工場の建設に適格な原料である。

TSEMENT UILDVER 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場の立地はモンゴル東部に位置するドルノゴビ県ウルグン郡だ。 工場が出来上がるまで10年間かかったという。工場建設プロジェクトは2007に開始された。最初の段階では、原材料である石灰岩の地質調査が実施され、埋蔵量やその使用用途などが確定された。その後、電力、鉄道、水供給施設などのインフラ工事が進められた。

 

セメント製造時に出る余熱で5メガワットの電力生産を予定している。これで工場およびその周辺集落への電力供給が可能になる。石灰石開発・濃縮工場の稼動開始で、工場は原材料確保が可能になる。

 

最初の納品先は、 国内の生コン会社、建築会社である。フル稼動では国内市場の30%を賄える生産能力を有する。製品の質は中国産よりいいとの評価。

 

「モンセメント」プロジェクトから得られる効果:

  • 100%国内生産
  • 鉱業依存型経済からの脱却、経済分野の多角化への移行に寄与
  • 輸入代替効果、外貨流出の抑制効果
  • 地方予算への資金調達、500強の職場の確保
  • 工場が位置する地域における中小企業の開発、その収入源の増加に寄与
  • 工場が位置するウルグン郡にて1000世帯住宅、サービスセンター、幼稚園、スポーツ施設を新設
  • ヨーロッパ基準に合った製品を生産
  • 環境にやさしく、排出される二酸化炭素の量が非常に少ない
  • 各種用途使用可能で、耐水性で、丈夫なセメントの生産が可能

 

「モンセメント」工場の関連数値:

  • 1年に100万トンのセメントを生産できる。
  • 国際JORK基準で計算すると、石灰石の埋蔵量は170-200年
  • 開発最中は土壌を切開しない。
  • 工場作業員400名、発電所や鉱山現場には200名近くが勤務予定。
  • 365日フル稼動
  • 総投資金額2億3000万米ドル。うち、20%はEBRD、80%はモンゴル側 (うち、25%は国債融資による)の融資

オープン式にはモンゴル首相Ch.Saikhanbileg率いる高官等が参加。

モンゴル政府は今後、国内企業を支援すべく、セメント輸入関税を20%上げる方針を固めている。

 

参考元: www.zasag.mn

 

 

 

 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − one =