ウラーン・ウデ-ウランバートル-天津間のテスト通過輸送 8月から開始

投稿日: カテゴリー: 政治経済

5月24-26日、モンゴル・ロシア・中国3カ国の国道交通省作業部会会議がロシアのウラーン・ウデ市で行われた。

この会議では、当事者3者は3カ国間協定締結の迅速化、当事者等の輸送定款への参画について大筋合意した。6月23-24日にタシケント市で開催される首脳会談で協定への署名が行われることになっている。

会議ではモンゴル領土を通過するいくつかの輸送回廊の成立が話し合われ、うちAH-3回廊はモンゴルにとって最重要とされている。

AH-3回廊は天津→二連→ザミーン・ウード(モンゴル国境町)→サインシャンド→ウランバートル→ダルハン→セレンゲ→ウラーン・ウデ(ロシア)というルートになる。この回廊は非常に長いため、最初はテスト輸送を行うべきという点で当事者等は意見を同じくした。テスト輸送は8月15-20日に始まる予定である。

 

情報元: モンゴル国土交通省広報室

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − seven =