ゴビ社海外販路拡大 二連で新店舗

投稿日: カテゴリー: 経済

モンゴルを代表するカシミアアパレルブランド”ゴビ”。

ゴビ社はここ数年海外販路拡大に力を入れるなどし、売り上げを大きく伸ばしている。2016年上半期の売上は対前期比11.3%増の251億MNT、税後利益は29.4%増の32億MNTに達している。

同社の総売上の40%が対海外市場向けの売上であり、海外市場は同社にとってこれだけ大変重要なマーケットとなっている。

そんなゴビが先週、中国国境の町二連で新しい店舗を構えた。さらに、2月にベルギー、そしてチューリッヒ、パリ、ロンドンなどの大都市で6店舗を出店する計画だ。ゴビ社は、今海外市場でFC加盟店53店、ゴビ社専門店3店を有する。2021年までには、FC加盟店を80店、専門店を20店に増やす計画だ。

そして、同社はカシミア100%のコートの年間生産量を10万枚にする計画で、2021年までにはカシミアコート生産量で世界一になるという高い目標を立て取り組んでいる。

情報元: ブルームバーグモンゴル

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト 
 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 2 =