モンゴル、石炭液化プロジェクト実施決まる

投稿日: カテゴリー: 経済

モンゴルで石炭液化プロジェクトの実施が決まった

同プロジェクトはモンゴルの「エルデネス・モンゴル」社と米国のPolaris Asset CorporationやWood group、ゼネラル・エレクトリック〔GE〕によって実施される。

投資額はなんと11億米ドル。プロジェクト開始までの期間は3年6ヶ月で、工場稼働想定期間30年。工場キャパシティは1日1万バレルの液体燃料生産で、製品は25%がガソリン、75%がデーゼル燃料、その他となっている。導入秘術はフィッシャートロプシュ法である。

石炭の埋蔵量が大きく、石油輸入に大きく左右されるモンゴルでは、石炭液化事業はニーズや条件から見て非常に合っている。それ故、同工場はモンゴル経済への貢献が大きいと期待されている。想定される経済効果は1年で2億6,950万米ドルである。燃料を完全輸入で賄っているモンゴルでは、物価がガソリン価格に大きく左右されており、工場の稼働により、モンゴル経済の安定化や国家安全にも貢献する。工場から出る副産品は再利用し、販売するという。

※「エルデネス・モンゴル」社はモンゴルの鉱山会社で、モンゴル最大の銅鉱山オユ・トルゴイの株式の34%を所有する他、モンゴルの4つの大型石炭鉱山の主要株主でもある。

 

情報元:「エルデネス・モンゴル」社HP

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − fifteen =