銅濃縮工場 設立決定

投稿日: カテゴリー: 経済

3月15日の閣僚会議で銅濃縮工場設立の件が審議され、可決された。

工場の立地はモンゴルの南ゴビ県都ハンボグド村の領土で、世界最大銅鉱山の一つオユ・トルゴイ鉱山の近くである。原料や輸送、電力などの生産費が少ないなどのメリットが大きいため、この立地にしたという。

同工場の総株式の10%を下回らない額をモンゴル政府が所有することになっており、投資家の選定や投資家との契約締結などは鉱業・重工業大臣が担当になる。

工場の生産キャパシティは、年間100万トンの濃縮銅で、稼働開始時期は2020年とされている

オユ・トルゴイ鉱山の稼働期間は95年とされており、よって同工場はこの長期間で稼働可能になる。オユ・トルゴイ鉱山には、銅の他、金や銀などの貴金属も埋蔵されており、銅の濃縮でこれらの貴金属の加工も可能になるという。

オユ・トルゴイ鉱山の銅の濃縮により、年間約20億$の資金を国内で生み出せるというシミュレーションが出ている。

 

情報元: モンゴル内閣広報室  

Written by: Nasa

Monbiz.【モンビズ】- モンゴルビジネス情報発信サイト 
 


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 1 =