エア・アスタナ ウランバートル市行きの直行便フライトを開始予定

投稿日: カテゴリー: 経済

カザフスタンの航空会社「エア・アスタナ」は、2016年に直行便運行経路の数を増やす方針を固めた。
具体的には、モンゴルとイランへ直行便フライトを運行する予定である。モンゴルのウランバートル市へ直行便フライトを運行する狙いは、発展スピードが速いが、直行便フライトが比較的少ないモンゴル‐ヨーロッパ間の旅客市場に進出することである。

air astana

具体的には、「エア・アスタナ」は、2016年春から旅客機A320直行便フライトを週3回運行する予定である。同会社の直行便フライトのほとんどがアスタナ・ヨーロッパ間で運行しているため、ウランバートル市へはアルマ・アタではなく、アスタナからの運行のほうがより効率的だと考えられている。

エア・アスタナはモンゴル市場進出を数年前から計画し、2011年、2014年に運行開始を表明していたが、その度延期されていた。

出所: CENTRE FOR AVIATION.COM


モンゴル進出をお考えの際には是非ご相談ください

弊社は日本とモンゴル間においての企業進出サポートに関して、多数の実績を誇っております。

日本・モンゴル両国のビジネス慣習を理解しておりますので、モンゴルでの経験やノウハウ、人脈をフル活用し、お客様のご要望にお応えします。

その他、人材募集・不動産・投資に関してもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 9 =